嘘か本当か分からない話

信じるか信じないかはあなた次第。嘘か本当か分からない話を紹介

【スポンサーリンク】

MENU

【都市伝説】グレイと呼ばれているエイリアンは地球外ロボットだった!?

f:id:ambiguousnews:20170616181955j:plain

ジョン・フォン・ノイマンは、自己複製機械に関する構想を抱いていた数学者だ。まず元になる機械を送り出し、自らのコピーを作るための原料を探させる。そして、その原料を使って自らを複製させる。1つが2つになり、2つが4つ、4つが8つ…。最終的にはそれらを使って宇宙全体を探検できるようになるという考えだ。

地球外の文明は、このような機能を持つ宇宙探査機を作ったのではないか?これらのロボットに自己を意識できる完全に自立した機能を持たせ、自力で宇宙の探査を行わせることをさせたのではないか?

 

ジョン・フォン・ノイマンの構想は、古代に地球外生命体がやって来たことを説明する神話に反映されているようにも思える。古代エジプト創世神話には、「たまご」と表現されているものの中から実体のない光輝くモノが現れ文明を作ったという話がある。これは地球外生命体が、遺伝子を操作できる自己複製ロボットのようなものを故郷の惑星から送り出し、それが地球という新しい惑星に現れた。ということを表しているのではないか。

f:id:ambiguousnews:20170616182857j:plain

20世紀から報告されているある宇宙人との遭遇はその手がかりになるかもしれない。その地球外ロボットとは別名グレイと呼ばれいるエイリアンである。

2001年5月ワシントンD.C.ディスクロージャープロジェクトの記者会見で元アメリカ陸軍クリフォード・ストーン軍曹は驚愕の発表をした。彼は20年以上に渡って、ある極秘作戦に関わっていたことを告白したのだ。その任務とはアメリカ政府のために、地球外のマシーンを回収することだったと言う。

トーンは12件のUFO初動捜査に携わったと話す。その中でグレイと呼ばれる宇宙人にも接触しており、その特徴について話している。グレイには普通の生物とは異なる非常に奇妙な特徴があり、人型ロボットあるいは人間とロボットの混合型のようなものに分類できるのではないかと発言している。。体内に臓器はほとんど無いように見えるのに、歩き回ったり、考えたり、役目を果たしたりすることができるらしいのだ。

宇宙人に誘拐されたという人々が報告しているグレイという宇宙人は、地球外から遠隔操作されたロボットなのだろうか?

f:id:ambiguousnews:20170616185604p:plain

グレイは表情も感情もない生き物だと言われることが多い。ということはそれらは全て同じ型から作られたもので、フォン・ノイマンが考え出した自己複製機械なのかもしれない。宇宙人が人間を誘拐する目的は、自分を複製するために人間の遺伝物質を手に入れるためなのではないだろうか。そう思えばなんとなく納得いくような気もしなくはない。

【スポンサーリンク】