嘘か本当か分からない話

信じるか信じないかはあなた次第。嘘か本当か分からない話を紹介

【スポンサーリンク】

【都市伝説】鉄輪の井戸の水を飲ませれば切りたい人との縁が切れる!?

f:id:ambiguousnews:20170704160415j:plain

命婦稲荷・鉄輪の井戸(かなわのいど)ーー。

この井戸には怖い伝説があり、この井戸の水を飲むと縁を切れるらしい。

自分で飲むというよりは、縁を切りたい相手、憎い相手、恨んでいる相手に飲ませると縁が切れるという水なのだ。

 なぜ、この鉄輪の井戸が縁切りの井戸と言われるようになったのか?

話は平安時代に遡ります。ある夫婦の旦那がひどい男で浮気をしたあげく、妻を捨ててしまった。妻は、このことで呪って殺してやりたいと思うほど男を怨んだのだという。そこで妻は、丑の刻に藁人形に呪いたい相手の名前を書いて五寸釘で打ち付けるという恐怖の儀式、丑の刻参りで有名な貴船神社を訪れる。

そこで鉄輪を頭に乗せ、そこにロウソクを立てて相手を怨みながら釘を打つと鬼になれて、相手を呪い殺せるというお告げを聞く。そのお告げ通りに妻は実行した。

一週間で呪いが完成すると言われていたが、6日ほど過ぎた時に男は身体に異常をきたし、安倍晴明に相談を持ちかける。すると、妻から呪いをかけられていて一週間目の明日、鬼になった妻に呪いで殺されると告げられる。

f:id:ambiguousnews:20170704162220j:plain

なんとか助けて欲しいと懇願する男のために、晴明は鬼となって現れた妻を退治することに。そして退治された妻が鉄輪をつけたまま、井戸のそばで亡くなった。それからその井戸は「鉄輪の井戸」と呼ばれ、この井戸の水を飲ませると縁が切れるという言い伝えが広まったらしい。この井戸の看板には、『この井戸の水を飲まないで下さい』と書かれており恐怖するものがある

現在この井戸の水が枯れている。ただし、ペットボトルなどで水を持っていて井戸の近くにお供えをし、縁が切れますようにと祈り、その水を相手に飲ませれば縁が切れると言われている。

【スポンサーリンク】