嘘か本当か分からない話

信じるか信じないかはあなた次第。嘘か本当か分からない話を紹介

【スポンサーリンク】

【都市伝説】スフィンクスは地球外生命体の通信装置だった!?

f:id:ambiguousnews:20170716183906j:plain

1925年エジプト・ギザ大地ーー。

砂漠の中から突き出た人間の頭を模った巨大な石像。何世紀もの間、この地を訪れる人々のほとんどはそれが全体像だと考えていたが、フランス人のエンジニア、エミール・バレーズは考古学者たちが認識している以上のものが砂の中に埋まっていると確信していた。

それを確かめるために彼が11年という長期間の発掘調査を行うと、ライオンに似たような巨大な胴体が出てきた。こうして大スフィンクスの真の姿が世界に示されたのだ。

f:id:ambiguousnews:20170716180334j:plain

 大スフィンクスは太陽が昇る東の方を向き、三大ピラミッドからわずか800メートルのところに建っている。1つの石灰岩を削って作られたその石像の高さは20メートル。全長は70メートルにもなる。スフィンクスは、世界で最も盛んに研究されているモニュメントの1つだが、未だにその謎は解き明かされていない。

f:id:ambiguousnews:20170716181007j:plain

誰が何故建てたのかという情報は、刻まれてはいないがエジプトの学者たちは紀元前2500年頃に建てられたと推定している。その時代はカフラー王が支配していた。スフィンクスの前足の間から発見された石碑にその王の名が刻まれている。だが、『夢の碑文』と呼ばれるこの石碑には、その千年後に王になったトトメス4世の物語が刻まれている。

f:id:ambiguousnews:20170716182456j:plain

この『夢の碑文』に記されていることによると、トトメス4世がまだ正当な王位継承権もない王子だった頃、夢にスフィンクスが現れ「私を砂の中から掘り出してくれたら、王位を授ける」と告げたと言う。『夢の碑文』には「神の目が照らすものは、すべて彼のものになるだろう」と刻まれている。

驚くべきことは、『夢の碑文』に光る神の眼について記されていることだ。これは一体どういう意味なのだろう?まるで何らかのテクノロジーを説明しているようだ。スフィンクスがそれを使って情報を伝え、トトメス4世の繁栄を約束したのではないだろうか‥

『夢の碑文』に記されている話が真実だとしたら、スフィンクスはトトメス4世だけでなくエジプト王国の重要な王家一族の繁栄を約束したのかもしれない。

f:id:ambiguousnews:20170716183134j:plain

トトメス4世は、アメンホテプ4世という王の祖父なのだ。アメンホテプ4世は異教の王だった。古代エジプト多神教を変えアテン神のみを信じる一神教を広めた。アテン神とは、彼が太陽の円盤と表現した神だ。

アメンホテプ4世が魅了されたアテン神の円盤は、神の眼と同じものだという可能性はないだろうか?エジプトの空を飛んでいたUFOが、その文明を神のように見守り導いていたことから神の眼と表現されたのだと考えられないか…

『夢の碑文』に記された神の眼とアテン神は同じものであるなら、地球外生命体がスフィンクスを通信手段として使い、エジプト文明を導いたのだろうか?

『夢の碑文』スフィンクスが、カフラー王の時代よりも遥か昔に建てられたという証拠なのかもしれない。

 

 

 

 

【スポンサーリンク】