嘘か本当か分からない話

信じるか信じないかはあなた次第。嘘か本当か分からない話を紹介

【スポンサーリンク】

MENU

【都市伝説】ヒトラーとナチスが南極大陸で古代都市を発見していた!?

f:id:ambiguousnews:20170801190229j:plain

1938年12月ドイツ・ハンブルク。

アドルフ・ヒトラーが総統の地位に就いてから4年。ドイツ軍を直接指揮することで完全な独裁政権を確立し始めていた。だが第二次世界大戦の寸前、ヒトラーは民衆の知らないところで奇妙な計画に関与していた。人員をつぎ込み途方もない力を持つという古代の遺物を探していたのである。

f:id:ambiguousnews:20170801190334j:plain

 12月17日ドイツの貨物船・シュワーベンラント号が極秘任務に出発した。33人の乗組員には、科学者、軍事専門家、建設作業員、そしてトゥーレ協会の主要メンバーが含まれていたと言われている。トゥーレ協会とは神秘主義やオカルトを研究するナチスのエリート集団だ。

32日後彼らは目的地に到着する。南極大陸だ。

ナチスは、古代文明や姿を消した優れた民族の伝説について強い興味を持っていたようだ。彼らは、北極にあったというアーリア人の発祥地を探していた。世界中を探し回り南極大陸に行き着いたのだ。

トゥーレ教会のメンバーたちは、地球外生命体に起源を持つ人々や、地底に暮らす人々と情報のやり取りができる神秘主義者、または霊媒者が存在すると信じていたのだ。彼らは、高度な宇宙船や円盤の製造に関する多くの情報を提供したという。ナチスは南極大陸に関しても彼らから情報を得ていたのだろう。南極大陸には古代文明の遺跡、または基地があり高度な技術が見つかると知っていたのだ。

ナチスは南極大陸に211基地という地下司令部を設置した。ヒトラーとナチスは、南極大陸に特に興味を持っていた。厚い氷の下に何かがあると信じていたのだろう。潜水艦を持つ彼らは、水中洞窟や地下都市があることを知っていて第二次世界大戦後にそこに逃げたという噂もある。

ナチスが南極大陸に到着した時、高度な技術で造られた古代都市を発見し、その建造物は地上だけでなく地下深くまで続いていたのではないか。そこで大量の機材と人員を南極大陸に送り古代の都市を復活させ、占領しようという壮大な行動に出たのではないか。

 

【スポンサーリンク】