嘘か本当か分からない話

信じるか信じないかはあなた次第。嘘か本当か分からない話を紹介

【スポンサーリンク】

【都市伝説】ガルーダは地球外生命体が使っていた爆撃機だった!?

ガルーダ誕生の秘密

f:id:ambiguousnews:20170809162110j:plain

ガルーダは巨大な鳥のような怪物で、赤い顔と翼に鉤爪を持っている。その大きさは、太陽光を遮るほどで、時々ビシュヌ神を背に乗せていたと言われる。ガルーダが現れて空から降りてくる時はいつもハリケーンのような風が起こり、地上に降り立つと大地が振動したという。大気中に土埃が舞い付近の者たちは、恐れおののいたという。

古代インドの神話によれば、あらゆる時代の終焉に起こると言われる破滅的な大規模戦争の中からガルーダは生まれ出たと考えられている。

 高濃度の放射能が残る地域で生まれて、放射線に晒されることによってガルーダは誕生したのだろうか?答えを知ることはできないが、パキスタンやインドには通常より高い放射能が存在することで知られる地域がある。

そこで遺伝子が傷つけられて、変異が起こるのではないかとも考えられている。だが、放射能が別の種へと作り替えて変異を引き起こすことに関する証拠は、これまでに1つもない。変異分の大半が死ぬためだ。

ガルーダの正体は一体何なのか?

マハーバーラタには、ガルーダが地獄より生まれ出たと書かれている。また非常に興味深いのは、ガルーダの表皮は羽毛ではなく金属で覆われていたと書かれていることだ。そんな生物が存在するだろうか?金属でできた鳥ではなく、何らかの機械であったのではないだろうか。

ガルーダは超光速で飛行し、月に行くことも地球を旋回することもできたと言われている。雷を落として人を感電させることもあったという。

さらにガルーダは、蛇の天敵だったという記述もある。つまり生きるために蛇を捕食しなくてはならなかったのだ。空港で燃料パイプに繋がれている飛行機を思い浮かべると蛇を食べているようにも見えないだろうか。

現代の戦闘機が夜間に発進するのを見ると噴射口からは煙と炎が発生する。龍のようにも見えるし、架空の生物のようにも見える。その技術がどう成り立っているのかを知らなければ、なおさら不思議な生物のように見えることだろう。このようにして生物に例えられるようになったのではないか。

ガルーダと呼ばれた怪物は、実際には現代に見られるハイテク爆撃機の古代版だったのだろうか。あるいは、現代よりもさらに進化したテクノロジーが存在していたのかもしれない。

【スポンサーリンク】