嘘か本当か分からない話

信じるか信じないかはあなた次第。嘘か本当か分からない話を紹介

【スポンサーリンク】

MENU

【都市伝説】江戸時代にお金をだまし取る美女愛人集団が存在した!?

江戸時代中期の女たち

f:id:ambiguousnews:20170828174007j:plain

出会い系サイトや結婚詐欺、人の心に入り込みお金をだまし取る手口が後を絶たないが、実は江戸時代にも様々な手段を使ってお金をだまし取る悪い人間がいたのだ。

江戸時代中期の1760~1770年代。江戸で単身赴任をする男たちは、暇を見つけて遊郭へと通ったのだが、身分の高い武士や裕福な商人になると気に入った美女にお金を払い愛人として自分の側に置いていたのだ。

 愛人契約における支度金は一説によると200両、現代の金額で1400万円にも登ったという。美しい女性は、上級武士や金持ちの商人に愛人として囲われるのが珍しくない時代。多くの女性は妾としてこの関係が長きに渡り続くものだった。

大金を搾り取る愛人集団

しかし、愛人契約を結んでお金をだまし取る美女集団が存在したのだ。彼女たちは、愛人契約の際に多額の契約金をもらっておきながら、さらに手切れ金までせしめていた。男たちから契約解消を言わせる巧妙な手口をとっていたのだ。

その巧妙な手口とは、ワザと寝小便をすること。繰り返し寝小便をすることによって、男の方から解約解消を提案させるのだ。そうすることで手切れ金をせしめていた。

そんな彼女たちは「小便組」と呼ばれ、同じ手口で次から次へと武士や商人たちをだましお金を手に入れていたそうだ。だが、そんな彼女たちの悪巧みもそう長くは続かなかったのだ。

意外な終焉を迎える…

中には愛人を心から愛するあまり、本気で心配し医者に相談するものも。すると、東洋医学が中心の江戸時代、寝小便を治すため医者は特大のもぐさを使って急を据えた。寝小便に効果があるとされたお灸は特に熱く、苦痛を伴ったと言われその熱さと痛みを味わいたくないと小便をもらす手口はなくなったという。

こうしてあえなく「小便組」も終焉を迎えたのだ。

 

【スポンサーリンク】