嘘か本当か分からない話

信じるか信じないかはあなた次第。嘘か本当か分からない話を紹介

【スポンサーリンク】

MENU

【都市伝説】ポケモンGOはCIAが開発した監視システムだった!?

f:id:ambiguousnews:20180409141409j:plain

ポケモンGOとはスマホゲームの一種で、任天堂の人気シリーズがベースになっている。プレイする場所は室内ではない。スマートフォンのGPSとカメラを使って現実の世界に飛び出し、ポケモンと呼ばれる小さな仮想生物を探す。

GPSが現実の世界での場所を特定し、拡張現実にプレイヤーを出現させる。プレイするにはポケストップと呼ばれる場所に行かなければならない。現実世界に存在するポケモンたちの活動拠点だ。ポケストップではゲームがカメラにアクセスし、プレイヤーのいる環境にポケモンを映し出す。それを捕まえるのだ。

何百万という人がプレイし世界的な現象になっている。だが噂では、このゲームはCIAが人々の監視を目的に開発したと言われている。

 ポケモンGOの開発者

2004年若きプログラマー、ジョン・ハンケはKEY HOLE(キーホール)という会社を経営していた。KEY HOLEはGoogleに買収され、Google EARTHとなる。ハンケはカメラを搭載した車を世界中に送り込みストリートビューを作った。素晴らしいサービスで多くの人が使っている。

しかし、2010年ハンケの車が写真以外のモノも収集していたのが明らかになる。彼らは世界中で法を犯し、家庭用のWi-Fiからデータを盗んでいたのだ。イギリス、ドイツ、フランス、カナダ、ニュージーランド、韓国そしてアメリカで何十万人という一般市民が違法な監視下に置かれていたのだ。ごく私的な情報が盗まれていたのだ。どんなウェブサイトを閲覧しているのかやログインの認証情報などだ。

しかし、ハンケはスキャンダルを乗り越え新しいゲーム会社NIANTIC(ナイアンティック)ラボを立ち上げる。その会社がポケモンGOを作ることになる。

ポケモンGOとCIAの繋がり

f:id:ambiguousnews:20180409155216j:plain

ハンケにプライバシーの侵害という過去があることはわかった。だがそのこととCIAの関係は?CIAとポケモンGOの繋がりはすぐにわかる。In-Q-TelはCIAの投資部門だ。その任務は、CIAや国家安全保障局に目に見える形で利益を提供する会社に投資することだ。

これは噂でも陰謀論でもない。In-Q-TelはまさにCIAなのだ。紹介にもある。In-Q-Telは中央情報局のミッションをサポートするため、革新的な技術的解決策を選別し提供していきます。創設者でCEOを務めたのは、GILMAN LOUTE(ギルマン・ルイ)だ。

ルイはその後、In-Q-Telを去りNIANTICの役員をしている。In-Q-Telは長年に渡り、ハンケを支援してきた。ルイがIn-Q-Telのトップだった時、ほんの小さな会社だったKEY HOLEの支援を始めた。グーグルアースの盗聴事件があった会社だ。

CIAから公に資金援助を受けているハンケという人物が、CIAの大物と協力し作り上げた人気ゲームが、今や何百万という人のスマホにアクセスしている。つまり、ポケモンGOを通じて彼らは常に居場所を把握し、カメラにアクセスできる。彼らは、私たちも私たちが見ているものも見ることができるのだ。

ポケモンGOでスパイを量産

CIAは国内での活動を禁止されている。だが抜け穴を見つけた。ポケストップと呼ばれるゲームの活動拠点となる場所を覚えているだろうか。CIAの陰謀論を信じる人たちにとって、地図上に広がるポケストップがその根拠となっている。

考えてみればポケストップに集まるプレイヤーのカメラは、全てONになっている。1つのポケストップに1日に何千というプレイヤーが訪れる。スパイの仮想軍隊が、国内で最も機密性の高い場所を無自覚なままに監視し、NIANTICのコンピューターにデータを送るのだ。

ポケモンGOがCIAが監視したい場所の映像を集める遠隔操作カメラだという疑惑がある。そうであれば、ポケストップは機密施設の近くに設定されるだろう。それを確認するために、ポケモンGOをハッキングしポケストップがある場所を特定する。

まずフランスを検索してみると、パリにあるロシア大使館がバトルする場所になっていた。なぜ外国の大使館が何千というプレイヤーとカメラが集まる場所として選ばれたのだろう。

次に少なくとも6つの大使館に囲まれているワシントンD.C.の中心を検索してみるとポケストップが密集していた。だがそれらの場所を少し離れるとそこには何もない。機密性の高い場所でポケストップは生まれカメラが回っているのだ。ポケモンGOで集められた映像は、NIANTICに送信される。さらに建物内部の映像も送られているようだ。

まとめ

CIAの資金と結びついている大人気のゲームがある。そしてそのアプリは、通常はカメラが入れないような政治的に難しい場所にカメラを誘導している。では、もし政府がこうしたゲームを使って、我々を無料奉仕のスパイにしているとしたら、それは許せないですか?それとも名案?

CAIはアメリカ国内での活動を禁止されている。それはFBIの管轄だ。本当の目的は別なのかもしれない。そもそもこのゲームが監視国家が、一般人を目や耳にするための口実として作られていたら、その意味するところは大きい。政府は他にも普及した技術を使って我々を監視しているのかもしれない。

【スポンサーリンク】