嘘か本当か分からない話

信じるか信じないかはあなた次第。嘘か本当か分からない話を紹介

【スポンサーリンク】

暴れん坊将軍は性生活も暴れん坊!?隠し子騒動で江戸の町は大騒ぎ

f:id:ambiguousnews:20180925182824j:plain

8代将軍、徳川吉宗の「ドロドロの隠し子騒動」。

江戸幕府が開かれてから100年。 多くの時代劇でも描かれるこの時代。 暴れん坊将軍と呼ばれた吉宗は、享保の改革など幕府政治を強化に尽力した名将軍。

本来ならば紀州藩の4男として生まれ、紀州藩主にさえなれるかどうか危うい立場だったのに、 それが紀州藩主になり、そしてまた8代将軍になった。いろいろな偶然の積み重ねによるもので、日本史でも例がないのではないだろうか。 庶民の花見の始まりを作ったのは吉宗で、お祭りでの経済効果を含め地方にも分散化させた。

 

 OKU50選抜総選挙

 吉宗は、江戸時代の象徴と言える「大奥」にも衝撃的な改革を行なっていた。 ある日、吉宗は側近にこんな指示を出した。

「大奥の女たちの中で、抜群に美しい50人を連れて参れ」

当時、1000人以上いたと言われる大奥の女中から、美女ベスト50人を選抜。 まるでアイドルの総選挙のようなビッグイベントが発生!

「これはきっと、側室が選ばれるわね?」

このチャンスを逃すものかと、女同士の醜い争いが勃発。 そんな女の争いの末に選ばれた50人の女中。

「この中から将軍の妻が選ばれるのね…」

誰もが胸を高鳴らせる中、衝撃の発表が!

「皆の者に暇を与える。今日限りで大奥を出てゆけ」

なんと、50人の一斉の解雇宣言。 吉宗の目的は…経費削減。美意識が高い女中が化粧や着物に注ぎ込むお金は全て幕府の予算。 その無駄遣いは、現在の価値で年間200億円! 江戸幕府の総予算の4分の1を占め、幕府財政を圧迫。 美女であれば路頭に迷わないであろうという計算から、幕府の財政再建のために50人を解雇した吉宗だったが…

 ここからがスキャンダル! 数々の改革で江戸幕府を救ってきた吉宗ですが、この後、身から出た錆で大騒動を巻き起こすことになるのだ。

暴れん坊将軍が隠したかった女性関係

f:id:ambiguousnews:20180925183752j:plain

享保13年、一人の男が江戸にやってきた。 このイケメンこそ、吉宗がひた隠しにしたかった女性スキャンダルの火種。 この男の名前は天一坊。 紀州から出てきて自分は吉宗の落胤、隠し子であると言い出したのだ。身に覚えがなければ、「ニセモノだ」で済む話なのだが…

実は、かなりの女好きだった吉宗は、多くの女性と関係を持ったと言われている。 そのため、本人の記憶もあやふやで、どこに隠し子がいてもおかしくなかったのである。 しかし、怪しんだ幕府の調べで天一坊の主張は真っ赤な嘘であると判明。 吉宗の後継者を偽り、金品を騙し取った罪で、死罪の上に晒し首となった。 これが、幕末に書かれた「天一坊事件」の顛末。

天一坊事件は物語として脚色された部分があるものの、当時その原形となるような隠し子騒動は、中川正軒事件、源氏坊事件など頻繁に起こっていたそうです。

【スポンサーリンク】