嘘か本当か分からない話

信じるか信じないかはあなた次第。嘘か本当か分からない話を紹介

【スポンサーリンク】

MENU

【都市伝説】カルナック列石は異星人が人間に指示して並べさせた!?

f:id:ambiguousnews:20170727173902j:plain

フランス北西部ブルターニュの南にはヨーロッパ先史時代前の考古学史跡がある。

海沿いのカルナックの街には、三千を超える巨石が3キロ以上に渡って並べられている。このカルナック列石は、紀元前4500年~2500年の石器時代の終わり頃にこの地の岩を荒く削り出して建てられた。石の遺跡群としての規模は世界最大である。

f:id:ambiguousnews:20170727173955j:plain

 膨大な数の花崗岩の巨石を見て、考古学者たちは愕然とした。巨大プロジェクトによって造られたものであることは明らかだ。医師は1つ50tから100t、大きなものでは350tもある。地元の伝説では、巨人が建てたと言われている。

しかし、最大の謎はこの遺跡ができた目的がなんだったのかということだ。なぜ先史時代の人々は巨大な石をカルナックまで運び、何列にも並べたのか?

カルナック列石は墓石である可能性が高いと考古学では言われいるが、巨石は珍しい幾何学模様に沿って並べられている。石を結んだ線はどれも長さ2860メートルで、幅はちょうどその半分の1430メートルになっているのだ。線が交わる角度も同じ、これはピタゴラスの三角形なのだ。

巨大な幾何学図形が石器時代に造られたことになるが、それはありえないことなのだ。ピタゴラスはずっと後に生まれているのだから、この時代の人々がピタゴラスの定理を知っているはずがないのだ。

カルナック列石の配置がピタゴラスの定理を2000年以上も先取りしていたとしても、1つ疑問が残る。なぜ寸分の狂いもなく図形を型どって巨石を並べたのだろう。

地上にあるもので宇宙から見えるものと言ったらカルナック列石くらいのものだ。上空にいる飛行体にはちょうどよい目印となるだろう。石を並べたのは何か目的があって、異星人が我々の祖先に具体的な指示を与えたのだろう。実際に石を並べたのは人間だっただろうが、そうするように指示したのは異星人だったのではないだろうか…

 

 

【スポンサーリンク】